I Like it

コークンタワーはデザイン力とあいまって、自己規制の範囲に踏みとどまっているといえるが、建築の象徴性とは何か、クライアントの自己表現、建築家のデザインの自由度などが都市の中でどこまで許容されるか、また立体キャンパスの可能性などなど、多くの問題を投げ掛けている。   

(出典: kenchiku.co.jp)

More Information